Latest Posts

no image

プロペシアのジェネリックは非常にお得です

プロペシアはAGAの改善に効果が期待することが出来る医薬品です。 日本では病院を受診し、処方を受けることで購入することが出来ます。 プロペシアの効果を得るためには、服用し続ける必要があります。 その為、その費用は莫大なものになってしまいます。 また、病院を受診するとなると、通院のための費用も必要となります。 プロペシアの購入費用を抑える方法として、ジェネリック医薬品を使用するという方法があります。 ジェネリック医薬品はプロペシアだけではなく、様々な医薬品にあり、購入費用を安く抑えることが出来ると注目されています。 ジェネリック医薬品はプロペシアなどの先発薬と同じ成分で出来ている医薬品で、同じような効果を期待することが出来ます。 それにも関わらず、価格が安いのは薬を開発する費用を抑えることが出来ているためです。 先発薬の場合、薬を開発するのに多額の費用が必要となります。 それを回収するために、薬の価格はある程度高額になります。 ジェネリック医薬品については、その開発費用がありませんので、先発薬に比べると価格を抑えることが出来ます。 なお、プロペシアのジェネリック医薬品については、病院によっては扱っていない場合があります。 これまで通っていた病院でプロペシアのジェネリック医薬品を扱っていないという場合には、新たな病院を見つけるという方法もありますが、海外からジェネリック医薬品を輸入するという方法もあります。 個人輸入代行業者を利用することで、通販感覚で海外から薬を輸入することが出来ます。 豊富な実績のある業者であれば、正規品であることを保証していますので、安心して利用することが出来るでしょう。 また、トラブルが生じた時でも迅速な対応をしてもらうことが出来ます。 海外に拠点を持つ業者でも日本語でのサポートに対応している為、製品の状態や配送状況を確認することが出来ます。 ジェネリック医薬品については、複数の種類があります。 プロペシアとそのジェネリック医薬品における違い プロペシアの主成分であるフィナステリドが含まれているジェネリック医薬品は一つだけではありません。 主なものとしてはフィンペシアやエフペシアがあります。 いずれもフィナステリドが含まれているという共通点はありますが、それ以外の添加物に若干の差があります。 フィンペシアやエフペシアとプロペシアを比較した場合、効果が全く同じであるかというと、添加物に違いがありますので、必ずしも同じ効果を得ることが出来るとは言えません。 ただし、国の規定では先発薬でもジェネリック医薬品でも有効試験を行った結果の違いがプラスマイナス15%以内であれば、同じ効果であると見なされるとされています。 製品によっては先発薬と「ほぼ同じ」という謳い文句で製品を発売しているところもありますが、それに関しては違法とは言えません。 先発薬でもジェネリック医薬品でも医薬品を服用した場合には副作用が生じる可能性があります。 ジェネリック医薬品については、作られている国の基準によっては甘かったり、全く異なる成分が配合されているという場合もあるのが実際のところです。 そのようなジェネリック医薬品を服用した場合、副作用が生じるリスクが高くなります。 特に個人輸入でプロペシアなどの医薬品を購入した場合、偽物が手元に届くということも考えられます。 手元に届いた医薬品の成分について個人で確かめるということは難しいものですので、個人輸入で医薬品を購入する時には、信頼することが出来るところを利用することが大切です。 個人輸入代行業者を利用する場合には、成分調査を行っているかどうかを確かめることで、安心して利用することが出来るかどうかを確かめることが出来るでしょう。

no image

プロペシアの効果と副作用について

米国の医薬品メーカー、メルク社によって開発されたプロペシアは、今では世界70カ国以上で承認されているAGA治療薬です。 日本皮膚科学会が定めた指針「AGA診療ガイドライン」でも高い評価を得ていることでも知られています。 プロペシアの使用がもっとも適しているのは、20歳~50歳の男性だといわれています。 プロペシアは発毛を促す薬ではなく抜け毛を予防する効果が認められていた薬であるため、早く始めるほうが効果を実感しやすいと考えられます。 未成年が使用することは禁止されていますが、高齢で使用してはいけないということはありません。 ただこれまでの研究の対象者が20歳~50歳であるため、実際の効果のほどがわからないというのが実情のようです。 また年齢を重ねると代謝が悪くなるため薬剤の作用を実感しにくくなるほか、副作用が強くあらわれる可能性もあり注意する必要があります。 ではプロペシアの副作用とはどのようなものなのでしょうか。まず一番気をつけなければならないのが肝機能障害です。 肝機能障害は初期症状が出ないため気付きにくく、進行してしまう恐れがあるためです。 AGA治療目的で使用する場合長期服用する必要があるため、とくに注意が必要です。 また、精子の減少や精力の減退、勃起不全といった症状があらわれることがあります。 これは、プロペシアはもともと前立腺肥大症の治療に用いられていた成分が配合された薬で、男性ホルモンに作用する薬剤であるためです。 しかし、これらが起こる頻度は1%程度と非常に低いといわれています。 このほか、プロペシアは女性、とくに妊婦が服用することは禁止されています。 妊娠中の女性が服用すると子宮にいる胎児が男児だった場合、生殖器に異常をきたす恐れがあるためです。 女性はその錠剤に触れるだけでも成分が摂取される可能性があり危険です。 ご家族など身近に女性がいる場合などはとくに、取扱には十分に注意してください。 プロペシアはAGAにどのように作用している? プロペシアが効果を認められたAGA治療薬であるとお伝えしましたが、具体的にはどのような効果があるのでしょうか。 そもそもAGAの原因は、遺伝と男性ホルモンによる影響がもっとも大きいと考えられています。 男性ホルモンの一つであるジヒドロテストステロンは、男性ホルモン受容体と結びつくことで毛母細胞の細胞分裂を阻害し薄毛を進行させてしまいます。 プロペシアの主成分フィナステリドには、このジヒドロテストステロンの増殖を抑える働きがあるのです。 では、フィナステリドはどのようにしてジヒドロテストステロンを抑制するのでしょうか。 男性ホルモンのほとんどはテストステロンと呼ばれるホルモンで、男性の場合睾丸や副腎から分泌されます。 このテストステロンが、5αリダクターゼという酵素と結びつくことでジヒドロテストステロンが生成されます。 フィナステリドは5αリダクターゼを抑制することで、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化することを防ぐ働きがあるのです。 こうした効果を最大に発揮させるためには、正しい方法で服用することが非常に重要になります。 プロペシアの服用方法は、一日一回、一錠をできるだけ決まった時間帯に水かぬるま湯で服用します。 これは体内で常に分泌されている5αリダクターゼを抑制し続けるために、血中のフィナステリドの濃度を一定に保つ必要があるためです。 ジヒドロテストステロンによって阻害されていた髪の成長が正常な状態に戻るまでには、どうしても時間がかかります。 そのため、最低でも6ヶ月は継続して服用する必要があります。 このようにプロペシアに即効性はなく、長く継続して服用することで効果が期待できる薬です。 医師の指導に従って服用方法を守り、焦らず治療を続けてください。

プロペシアを通販サイトで購入する男性

プロペシアの服用で初期脱毛が発生する確率について

AGAという言葉が普及している昨今、薄毛の原因も研究が進み解明されてきました。 AGAの脱毛症状が現れるメカニズムを知る事により、薄毛を予防・改善する可能性が高まっています。 そもそもAGAの脱毛メカニズムはどのようなものなのでしょうか。 男性ホルモンであるテストステロンが還元酵素である5αリダクターゼによって活性化します。 それによりジヒドロテストステロン(DHT)という強力な男性ホルモンになります。 その強力な男性ホルモンであるDHTが毛乳頭にある&ロゲンレセプターと結合する事で、TGF-βという成長抑制因子発生します。 この因子が髪の毛の成長を抑制するので毛母細胞の細胞分裂を阻止してしまいます。 毛母細胞の細胞分裂が停止してしますので、髪の毛が成長せず細くなり、抜けてしまうのがAGAの脱毛メカニズムです。 着目するのはDHTの生成を抑制する事で、成長抑制因子を発生させない事です。 そこでAGA治療に使用されているのがプロペシアです。 プロペシアは5αリダクターゼの活性化を抑制します。 それによりテストステロンと結合できなくなり、DHTが発生しないメカニズムです。 プロペシアは日本国内では医療機関でしか処方されません。薬局の薬や育毛剤等の塗布剤にも含まれていません。 必ずAGA専門の病院や扱っている皮膚科等の医院で、AGAであるか否かの検査を受ける必要があります。AGAと診断されると処方されます。 または、プロペシアを通販で購入し、入手する方法もあります。 プロペシアの効果が出るのには個人差がありますが、臨床試験では3年間服用した方は8割方薄毛が改善されています。 プロペシアは5αリダクターゼII型の抑制に高い効果があります。 効果がない場合は5αリダクターゼI型であったり、AGAが原因ではない薄毛の可能性が高いです。 薄毛全てがAGAが原因ではないという事です。 だからこそ、改善薬という話が先に行き、AGAでない方が服用して副作用で困らない様に、薬事法で医療機関しか処方されない様に定められたのです。 初期脱毛は必ず発生するもの? プロペシアでAGA治療を始めると、薄毛改善の為に服用しているのに逆に毛が抜ける事があります。 これを初期脱毛と言います。 臨床試験では服用開始して1週間から2週間程で初期脱毛が始まり、2~3か月続く場合があると報告されています。 これは自身のヘアサイクルが改善されている兆しであり、初期脱毛が起こっても悪い影響が出ているというわけではありません。 ヘアサイクルは一般的に成長期・退行期・休止期のリズムです。 成長期は基本的に3年程の期間ですが、DHTで毛母細胞の細胞分裂が阻害される事で、この成長期が短くなります。 DHTによる阻害をプロペシアの効能で抑制する事で、毛母細胞はダメージを受けていた頃より正常に回復していきます。 それにより今までのヘアサイクルが正常になる事で古い毛が一旦抜ける現象が起こります。 初期脱毛はヘアサイクルを正常にする過程に起こる事なのです。 この初期脱毛は必ず起きるかと言えば、その確率は個人差があると言えます。プロペシアを作っているメルク社でも初期脱毛についてはデータを出していません。 体験者の口コミでも初期脱毛があった方や気づかなかった方もいます。その為、明確に必ず発生する、または発生確率は何%とは言えない現象です。 プロペシアの効能やメカニズムがヘアサイクルの正常化である事から、この初期脱毛が起こる事は確実と言えます。 ただしその抜け毛の量は個人差があり、気づかない程度である方も多くいます。 それでも普段からの抜け毛予防を心がけていないと、服薬治療も効果はありません。 頭皮環境を清潔にしたり、脂っこい物を食べすぎたり、喫煙したりと抜ける原因を作らない事も大切です。 初期脱毛は抜け落ちる寸前の毛をどけて、新しい正常なヘアサイクルの髪の毛を作るスペースを空けてもらう形です。 発生しても慌てず、まずは続けてみる事です。

プロペシアを服用する男性

プロペシアの服用で何故初期脱毛は発生する?

プロペシアを服用するリスクに、初期脱毛の発生が挙げられることがあります。 抜け毛が多く発生することがあるためにリスクとして考えられていますが、ただこの点に関しては初期脱毛の発生理由への理解を深めないと誤った認識のままになってしまう恐れがあるのです。 なぜ初期脱毛が起こるのか、この問題にはヘアサイクルが大きく関係してきます。 そもそもプロペシアはAGA治療のために服用する薬ですが、AGAによる脱毛はヘアサイクルが乱れることで発生する症状です。 髪の毛は一定のサイクルで抜けたり生えたりを繰り返していますが、内訳としては大きく、成長期・退行期・休止期に分類することができます。 発毛に大きく関係してくれるのが成長期ですが、本来なら2~6年程度は成長期が持続されます。 ところがAGAが発症すると、成長期が著しく短縮されてしまうのです。 わずか数ヶ月~1年程度で成長が終わってしまい、必然的に髪も丈夫に育たなくなってしまいます。 その状態が続くことで次第に頭皮の露出が目立ち薄毛へと進行させてしまうのです。 そこで対策として服用するのがプロペシアです。 この薬にはヘアサイクルを整える働きがあるため、AGAの影響で乱れていた発毛サイクルを正常化することができます。 しかしながらヘアサイクルが正常化することでひとつの問題が起こります。 それこそが初期脱毛であり、プロペシアによって乱れがリセットされることで抜け毛が多くなってしまうのです。 脱毛が起こる具体的な仕組みとしては、発毛を休んでいた休止期から、生やすための成長期への切り替えが早く起こる点にあります。 AGAの影響を受けていた毛根は休止期に早い段階で入ってしまいますが、しかしプロペシアを服用することでヘアサイクルが整いますので、成長期にも早く入るようになります。 すると、まだ毛穴に存在する毛髪を下から押し上げるかたちとなり、それによって抜け毛を多く発生させるようになるのです。 つまり初期脱毛はこれから生えるためのサインであり、リスクどころか良い傾向と捉えることができます。 初期脱毛で髪の毛が抜けすぎても大丈夫? 初期脱毛が発生するのはヘアサイクルが正常化したことが理由のため、基本的には抜け毛が多くなったからと慌てる必要はありません。 そこで焦って服用を中止すると回復のチャンスを逃してしまいかねません。 しかし時には沢山の抜け毛が起こるために、問題がないのか判断に迷うこともあるでしょう。 どのくらいの抜け毛なら許容範囲で考えられるのかということですが、まず発生し得る抜け毛の本数として、1日に300~500本程度は確認できることがあります。 AGAではない場合の1日の抜け毛の本数は50~100本程度ですので、比較するとかなりの量が抜けることになります。 しかしながらそれでも後になってから回復してくる可能性があるため、沢山の抜け毛があってもそれは初期脱毛であり、問題がないという認識でいても良いでしょう。 ただ、あまりにも本数が多く不安がある場合は、治療を受けている病院に相談へ行くことも考えた方が良いかもしれません。 そもそもAGAではない可能性も捨てきれませんので、自己判断だけで済ませるのは要注意です。 もし初期脱毛が発生した場合、その状態がしばらく続くことがあります。 個人差がありますので一概には言えないですが、大体1~2ヶ月くらいで収まることが多いです。 初期脱毛が起こる仕組み上、ずっと続くことはなく、ある程度の段階で落ち着いてくるのが通常です。 なお、初期脱毛は誰にでも起こり得る問題というわけでもありません。 中には気になるほど抜け毛は多くならなかった、あるいは気が付くことはなかったというケースもあり、特に問題師されない場合もあるのです。 そのまま滞りなく回復ができることもあるため、やたらに初期脱毛に恐れる必要はないと言えます。 また、初期脱毛が起こらなかったからといって、プロペシアが効いていないわけでもありません。 変化がないのも反対に不安に感じるかもしれないものの、抜け毛が起こることなくいきなり発毛する場合もあると認識しておいた方が良いでしょう。

プロペシアのAGA効果について説明する男性

プロペシアはAGAに何故効く?

脱毛の治療薬はたくさんありますが、その一つに「プロペシア」という薬があります。 この薬は、内服薬ですので、風邪薬のように内服して治療ができるため簡単です。 元々は、前立腺肥大や前立ガンの治療薬として使われていましたが、育毛の効果があると認められ脱毛の治療薬となりました。 効果について簡単に書くと、「脱毛を予防して、髪の毛を強くする」ということですが、ではなぜAGAに効くのでしょうか。 毛髪は「成長期」「退行期」「休止期」というサイクルを繰り返しています。 AGA:男性型脱毛は、この中のうち「成長期」が短くなる代わりに「休止期」が長くなるという性質があります。 なぜこのように「成長期」が短くなってしまうのかというと、男性ホルモンと関係があります。 ジヒドロテストロンという男性ホルモンの濃度が濃くなると、髪の毛の成長期が正常の1/6程度と短くなってしまうため、いわゆる薄毛の状態になっていきます。 では、なぜジヒドロテストロンが増えるのかというと、根本にあるのは「5αー還元酵素」が邪魔をするからです。 通常であれば、男性ホルモンであるテストステロンが髪の毛がしっかりと生えてくるように作用するのですが、5αー還元酵素が邪魔をすることによりジヒドロテストロンが高濃度になってしまいます。 これにより、だんだんと髪の毛が薄く細くなっていき、最終的には生えてこなくなってしまいます。 なぜかというと、ジヒドロテストロンの作用により、通常は3年ほどかけて成長する毛髪の「成長期」が半年ほどに短くなってしまうからなのです。 しかし、ジヒドロテストロンが絶対的に悪者というわけではありません。 ジヒドロテストロンは、体を作るのに必要なホルモンですので、なければ良いというわけではなく、適度に必要なホルモンだからです。 プロペシアを内服することにより、このジヒドロテストロンの産生自体が抑制されていきます。 つまり「成長期」「退行期」「休止期」を繰り返す毛周期が正常に戻っていくという作用が期待できます。 プロペシアを内服することで、短くなっていた「成長期」が通常通り長く回復していくため、髪の毛が長く太く改善されていくというのがこのお薬の作用機序です。 1年間内服することにより、98%の確率でAGAの進行を防止することが確認されているお薬です。 このように、ジヒドロテストロンという男性ホルモンに作用するのが機序であるため、同じ脱毛症でも、円形脱毛症には効果を期待できません。 これは、円形脱毛症の原因がAGAの原因とは異なるためです。 さらに、プロペシアには「フィナステリド」という物質を含有しています。 「フィナステリド」は5αー還元酵素を阻害する働きを持っています。 この5αー還元酵素を阻害することで、ジヒドロテストロンを抑制する機能もあります。 これらの作用により、プロペシアはAGAに効果的といえます。 また、内服薬といっても1日1回の内服でよく、服用する時間帯も決まっていません。 仕事などで忙しい方は、毎日おおよそ同じ時間に飲めるように、服用時間を工夫すれば良いのです。 朝起きたら服用すると決めてもいいし、夜寝る前に寝ると決めてもいいので飲み忘れない服用時間を自分の中で決めて起きましょう。 また、プロペシアの効果をしっかりと感じられるのは服用を開始してから6ヶ月後程だと言われています。 効果が感じられるまでの期間には個人差がありますので、必ずしも6ヶ月で効果を感じられるとは限りません。 最初は初期脱毛の症状が出る場合もある為心配になるかもしれませんが、効果が感じられるとされている6ヶ月以降までしっかりと根気よく内服していくことが重要です。 皮膚科や内科、AGA専門クリニックなどで処方してくれますが通販でも購入することができます。 個人輸入サイトを利用して薄毛防止にプロペシアを通販されるとよろしいです。

初期脱毛かどうか考える男性

初期脱毛かどうか判断する方法

脱毛の治療をすると、「初期脱毛」という症状が出てきます。 これは、治療をしているのにもかかわらず髪の毛が抜けてくる現象です。 治療をしているにもかかわらず、脱毛が進行してくると不安になりますし、本当に薬の効果があるのかを疑ってしまいそうですが、それはちょっと待ってください。 初期脱毛が怒るのにはきちんとした理由があり、初期脱毛が起こるからこそ、お薬が効いている証拠でもあるのです。 ジヒドロテストロンという物質が、男性ホルモン受容体に作用することで髪の毛の髪の毛の成長や発毛が乱されます。 これが薄毛が進行していく原因になります。 これを乱されないようにする作用があるのが、脱毛の治療薬となります。 治療をすることで、髪の毛の成長や発毛が促されるので、これまでよりも早く髪の毛が生えてきます。 新しい頭髪が生えてくる際に、古い頭髪を押し出してしまいます。 このため、今ある髪の毛(つまり、細くて弱い古い髪の毛)が一気に押し出されてしまうことで初期脱毛とよばれる状態になります。 では、自分の現在の状態が、初期脱毛なのかどうか判断する方法についてお伝えしていきます。 脱毛してきたからといって、すべての原因が初期脱毛とは限りません。 それ以外の原因で脱毛している場合もあるので、鑑別が必要になってきます。 初期脱毛の場合には、一旦頭髪が脱毛してしまうものの、2週間から1ヶ月後くらいから新しい髪の毛が生えてきます。 このため、1ヶ月~2ヶ月後に新しい髪の毛が生えてくるのであれば初期脱毛と考えられます。 つまり、治療を始めた後に、髪の毛が薄くなったり抜けたりするのは当たり前の「効果」なのです。 ここで、「この薬は自分には合っていない、むしろ脱毛を悪化させている悪い薬だ」と自己判断してしまい、中止してしまうと脱毛の改善には至りません。 この「初期脱毛」であることがわかれば、髪の毛が抜けてきても心配なく過ごせるでしょう。 ちなみに、脱毛の量だけでは「初期脱毛」かどうかは判断がしにくいのが現状です。 本当に脱毛があったのかわからないくらい少量で済んだ人もいれば、治療を断念しようかと思うくらいごっそりと抜ける人もおり、程度は様々です。 たくさん抜けたからといってもご安心を。 抜けたぶんの髪の毛はきちんと生えてきます。 根気よく治療を続けていく必要があります。 また、お薬を変えたからといって初期脱毛がなくなるわけではありません。 脱毛の薬の作用機序から行って、初期脱毛は(多かれ少なかれ)避けては通れない道となっています。 しかし、これ以外にも脱毛の原因がありますのでチェックして起きましょう。 初期脱毛の期間は前述した通りですが、個人差が見られます。 しかし、初期脱毛と思われる状態が長期間続くのであれば、それは他の原因があるかもしれません。 プロペシアを処方された時に、だいたいこのくらいの期間治療をしますと医師から説明を受けるかと思いますが、その期間を過ぎても脱毛が続くようであれば、他の原因があることも考慮して、一度医師に相談すると良いでしょう。 さらに、夏に受けた紫外線の影響で、夏頃に脱毛が進む場合があります。 この場合は、初期脱毛ではないですが、原因が「紫外線」ということになりますね。 また、個人輸入などで仕入れた場合には、模倣品などの場合もあります。 この場合には全く効果がないばかりか、健康被害が出る恐れもありますので注意しましょう。 これらのことから、初期脱毛かどうかを判断するには2週間では判断ができません。 早ければ2週間くらいから初期脱毛が進行し、その後1ヶ月から2ヶ月は続くことを考えると、それ以上の期間脱毛が続くのであれば、もしかしたら初期脱毛ではない可能性も考慮していく必要があります。 何れにしても、不安なことがあれば一度担当の医師に相談してみると良いでしょう。一番の解決法になるはずです。

ストレスを感じる男性

AGAは早期治療が重要

頭の脱毛は人の永遠のテーマかもしれません。ストレスが原因で脱毛してしまう場合もあります。 カツラの利用者へのアンケートでは、1番の悩みは「髪が薄いこと」であり、カツラをつけることでこのストレスから解放され、髪が生えてくる人がいるほどです。 そのくらいストレスの多い「頭の脱毛」ですが、実はお薬で改善することもあります。 その薬の一つが「プロペシア」です。 この薬を内服することで、男性型脱毛(AGA)を治療することができます。 ここだけ聞くととても良いことだらけのようにも感じますが、この薬を内服することで「初期脱毛」が起きることがあります。 髪の毛が生える薬を飲んで、髪の毛が抜けてきたらショックですよね。 しかし、これにはきちんと意味があり、知っておけば怖くありません! AGAは初期時に治療をすれば治りやすい 「AGA」というものは、CMなどでも一時期よく耳にした言葉なのでなんとなく耳にしたことがあるかもしれません。 脱毛には種類があり、中でも男性型脱毛がAGAと呼ばれるものです。「AGA」の人口は日本全国で1000万人を超えています。 最初から一気に髪の毛が抜け落ちるのではなく、徐々に進行していくというのがAGAの特徴です。 最初は、抜け毛が多くなり、だんだんと薄毛が目立つようになっていきます。 さらに進行すると、頭頂部や生え際が完全に脱毛してしまうのです。 しかしどの段階でも治りやすいというわけではなく、初期に治療をすることで治りやすくなります。 ではなぜAGAが進行していくのかというと、それは脱毛の機序に秘密があります。 若い頃は、太くてコシのある硬い頭髪ですが、ジヒドロテストステロンという物質が高濃度になっていくと、ヘアサイクルを早めてしまいます。 ヘアサイクルが早くなるということは、弱くて短い髪のうちにすぐに抜けてしまうことになります。 そうなると、成長途中の薄くて短い毛の割合がどんどん多くなります。薄毛が目立ち始めるのがこの頃でしょう。 しかし、薄くなってきたからといっても、産毛は生き残っています。産毛があるうちは、毛包が残っている状態です。 そのまま放っておくと、だんだんと毛髪の数が減っていってしまいます。 このため、AGAは初期時に治療をすれば治りやすいのです。 初期に治療するメリットとしては、抜け毛が早く止まることや、抜け毛の回復が早まるといったものが挙げられます。 回復が早いため、治療費用自体も抑えることができます。 AGAの治療は保険適応ではないため、費用もそれなりにかかりますが、通院期間も短くて済みます。 忙しい仕事の合間に、何度も通院することは、時間と体力、お金や気力も必要かもしれません。 しかし、早い段階で治療をしておけば再発の可能性も低くなります。 では、その初期の状態とはどのような状態でしょうか。 AGAは段階をふんで進行していく AGAの進行には段階があります。 まだ抜け毛に至らなくても、最初の段階は「なんとなく髪の毛の質や硬さが変わってきたかも」というところが第1段階です。 第2段階になるとさらに進行していき、ハリやコシやツヤがなくなってきます。 少し、「おや?老けたかな?」と気が付きそうな段階ですね。 このくらいでは、まだ通院は考えない方が多いかもしれません。 この段階を過ぎると、シャワーを浴びている時に抜け毛が目立ってくる第3段階に入ります。 ここまでくると、少しずつ気になってくるかもしれませんが、まだまだ仕事で忙しく、放っておいてしまいそうな段階ですね。 第4段階になると、髪の毛を整えている時や、朝起きた時の枕元の抜け毛が多くなってくることに気がつきます。 「まさか・・・」と思いそうな段階ですね。 第5段階になると、鏡で見た時に、髪の毛が薄くなっていることに気がつくでしょう。 ここまでくると、さすがに「もしかしてAGAかも」と意識し始めるかもしれません。